×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

juggling performer Tatsuya Okaのホームページは、ジャグリング紹介のwebsiteです。依頼も募集しています。

ジャグリングパフォーマンス(ショー、公演)、大道芸、ジャグリング体験会など、出演依頼等さまざまな依頼を募集中です。
詳しくは依頼のページを見て下さい。

ジャグリングとは

一体ジャグリングとは何でしょうか?
実はこれは厳密に言えば非常に難しい問題なので、読み手によって2つの回答を用意しておきました。

1.ジャグリングを聞いた事がない人へ

ジャグリングとは大道芸やサーカスなどで行われる1つのものです。

例えば、
ボーリングのピンのような棒(クラブ)やボールを複数投げる、トスジャグリング、
3つの箱をはさんだり空中で持ち替えたりする、シガーボックス、
2つのお椀をくっつけたような形をしているコマを高く投げ上げたり、回転させながら技をする、ディアボロ(中国ゴマ)、
最近流行りでテレビでもよくみる水晶玉を不思議に操る、コンタクトジャグリング、
などがあります。

また、ジャグリングでは他にもさまざまな道具が使われます。
いろいろなジャグリングパフォーマンスを見てみて下さい。

○参考になるサイト・ページ
ジャグリング動画 in ユーチューブ
ジャグリング動画のページ

2.より深く知りたい人へ

特に、ジャグラーであれば、各々それぞれのジャグリング観を持っていると思います。
ジャグリングの定義は、非常にあいまいです。

果たして、 
ポイはジャグリングなのだろうか、デビルスティックは?・・・

まず、間違いなく、
ボール・クラブ・リングのトスジャグリングはジャグリングでしょう。
“使う手の数以上物を投げて、それ地面に落とさず投げ続ける”というのが、一般の辞書的なジャグリングの定義だと思います。

しかし、ジャグリング界において、ディアボロはジャグリングだと、はっきり認識されています。
ジャグリングの大会でも、ディアボロはほぼ必ず扱われます。

では、なぜ、投げるものではない、ディアボロがジャグリングとされているのでしょうか?

そこで、
僕なりのジャグリングの定義とは、“道具を使い、人に凄いと思わせることをすること”ではないかと思います。
だから、ディアボロ、ポイ、デビルスティックなどもジャグリングとも言えると思います。

しかし、これには弱点があります。
ジャグリングというものがあまりにも広くなってしまうのです。

フットバックはジャグリングなのか、ヨーヨーはジャグリングなのか・・・、ペン回し、剣玉、なわとび、バランス芸etc.

実際の所、ジャグリングの定義は定まっていません。
しかし、人によって違っていいではないかとも思っています。

ただ、それでは説明ができないので、
僕は「大道芸みたいなものです。」と、人に聞かれた時には言っています。

簡単に言っているようで、「大道芸です」とは言ってない所がミソなんです。
大道芸は見せる事を重視するパフォーマンス性が必要とされますが、ジャグリングは必ずしも人に見せるとは言えません。
スポーツや芸術の面も持っています。

最終的にまとめれば、
「ジャグリングとは、物を使って、技をすることである。ただ、どんな道具を使うかは、ジャグラーの自由である。また、大道芸やサーカスなどで演目の1つにされるが、スポーツや芸術として楽しむ人もいる。」
こう言うことができるでしょう。